FC2ブログ

ギズモン通信 

2011年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2011年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年02月
ARCHIVE ≫ 2011年02月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2011年02月  | 翌月 ≫

歯列矯正やってます! ~その1~

私、日本にいるときから歯列矯正の治療をしています。

せっかくやってる歯列矯正。
忘れないように、このブログに記録を残そうと思います。

治療を始めたのが2008年4月、現在2年9ヶ月経過。

え、もうそんなにたった?って感じです。
早かったなぁ。
なんだかんだ、矯正生活を楽しんでいる私。
だってね、ガタガタだった歯がキレイになっていくわけですよ。
いや~、楽しくってしょうがない。

実は、中学生の時に両親は私に歯列矯正させたかったんです。
大学病院に連れて行かれ、レントゲン撮ってカウンセリングまで受けました。
でもねでもね、思春期ですよ。
同級生にも治療してる子いたんだけど、どうしてもあのギラギラした装置を付けるのに抵抗があったわけです。
人生で一番輝くに違いない私の高校生活を、あのギラギラの装置をつけて過ごすなんて絶対にイヤ!
そう思ってしまったのです。(実際は、そんなに輝いてませんでしたけど?)
あの時やっとけば・・・って何度後悔したことか。

治療する前は、やっぱり装置が目立つと嫌だなとか思ってたけど、実際やってみると本人はそうでもない。
クリアの装置を選んだってのもあるけど(ワイヤーはシルバーなので、結局は目立つんだけどね)。
むしろ、「私、矯正してんの。見て見て♪」って感じ。
多分、周りの方が「あの人、矯正してる・・・」って感じ?
まだまだ、日本では大人の矯正率低いですもんね。


装置はクリアの目立たないやつにしたけど、装置とワイヤーを止めるゴムをいつもピンクとかオレンジとかの明るい色にしてます。
変に透明のゴムにすると、コーヒーとかカレーとかで変色しちゃうって聞いたし。
上の歯と下の歯でゴムの色変えてみたり、3色のゴムを交互に着けてみたりと毎回楽しんでますよ。


で、米国へ引っ越すまでに治療が終わるかなぁって呑気に思ってたけど、残念ながら間に合わなかった。
先生方は一生懸命やってくれたんだけど、微調整の段階でなかなか難しいようでした。


なので私、米国の歯列矯正歯科へ転院しました。
米国へ引っ越す前に、おたっクマに探してもらっていたのです。
日本でお世話になった矯正歯科の先生方も協力的で、歯型やカルテなど転院に必要な書類も丁寧に作成して頂きました。


しかも、転院する際に残りの治療費を返金してくれました。
これはとても助かりました。


日本での歯列矯正って、保険がきかないのではっきり言って歯科によって金額も全然違うし、今回の私の様に途中で治療を中止する場合に返金してくれる歯科もあれば、そうでないところもあります。ここは、歯科を選ぶ際にしっかり確認しておいた方がいいかもしれません。


それに、歯列矯正って治療の期間も長いのでやっぱり相性のいい先生に診てもらうのが一番です。


私、矯正歯科を決めるときに、まず治療費がとても安いところにカウンセリングに行きました。
ここ、カウンセリングでレントゲンを撮られ8千円くらいかかりました。
治療期間も短く治療費も安かったのですが、どうしてもここの先生が受け付けられなかったんです。
何ていうんでしょうか。相性が悪いっていうのかな。

で、別の矯正歯科を探してみました。
カウンセリング無料。
無料なら行ってみるだけ行ってみよ~っという、軽~い気持ちでした。
でもね、無料なのにレントゲンも撮ってくれてしっかり説明してくれたんですよ。
先生も信頼できそうな方で、働いてる方も親しみが持てました。
最初にカウンセリングを受けた歯科より、金額も少し上がって、治療期間も長くなると言われたけれど、ここだ!ってピンときたのです。

で、お世話になることにしました。


気になる支払いは、現金一括と分割払いがありました。
知ってましたか?分割払いできるなんて!
私、この分割制度を知ってたらもっと早く始めてたかも。
歯列矯正で分割払いができるなんて、知らない人が多いんじゃないかな?
(もちろん、この支払方法も歯科によって違うので要確認です。)

私はというと、このために貯金していたので現金一括で支払いました。
現金一括だとちょっと安くなってラッキーでした。
ルンルン♪

金額ですが、装置の金額プラス毎回の治療の度に治療費を払うところもあれば、装置つけてから装置外した後の保定期間までトータルで定額ってところもあります。
私は後者の価格設定だったのですよ。つまり装置の種類で価格が決まっていて、その金額さえ払えばいくら治療期間が長くなろうと追加で払うお金はないってこと。
前者は、治療期間が短ければいいですが、長引けばそれだけ治療費が高くなります。
これも、人それぞれ治療期間も違いますし、支払プランも違うと思うのでどれがいいとは言えません。
ただ、私は治療期間が結構長くかかっているので、この価格設定でよかったなって思っています。



あ~、長くなってきた。
昨日、こっちの矯正歯科に行ってきたのでそのことを書こうと思ったけど、疲れてきました。

次回に続きます。

また明日~~~!



blogram投票ボタン

スポンサーサイト