ギズモン通信 

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日常 ≫ アメリカはチップ社会。

アメリカはチップ社会。

アメリカはカード社会。

日本では現金派の私も
ここではほとんど現金を持ち歩きません。

危険だから。

おたっクマの財布は
ほとんど現金が入っていません。
現金ゼロのときもしばしば。

私は、いざという時のために
最低10ドルは持ち歩くようにしています。

いざという時とは
チップです。

レストランでのウエイター・ウエイトレスの
サービスに対するチップは
カードで一緒に払うのですが、
荷物や上着・コートを預かってもらったときには
別にチップが必要です。
帰るときに荷物を持ってきてくれた人に現金で渡します。

また、バレーパーキング
(車を玄関で車を預けて、帰りは車を玄関まで持ってきてくれるシステム)
の場合も帰りに車を受け取ったタイミングで現金でチップを渡します。
これはホテルでもよくありますね。


他にも、カジノによくある食べ放題のバッフェレストラン。
前払いのところがほとんどです。
食べ物は自分で取りに行きますが、
飲み物はウエイター・ウエイトレスが持ってきてくれます。
お皿も1枚1枚回収してくれます。
ここでも、もちろんチップは必要です。
飲食代は前払いで払っているので、
チップは現金をテーブルに置いて行きましょう。

ピザや中華料理などのデリバリーを頼んだ時も
配達してくれた人にチップは必要です。


日本では当たり前に無料で受けていたサービスに
チップを払う事に初めはとても戸惑いましたが、
ここはアメリカ。


郷に入れば郷に従え。


受けたサービスには
スマートにチップを払って
お互いに気持ちよく笑顔になりましょう。





チップなしの日本のサービスのクオリティは世界一だと思います。
☆ポチッとしていただくと我家のおにぎりが喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村


関連記事

Comment

No title
ココでウエイトレスして思いました。私はチップ制度反対です。
なんだろう、チップで接客を評価されるという感覚、、、仕事だから良いサービスを心がけているわけで、チップのためにニコニコサービスしてると思われたくない!けど、やっぱりココではウエイトレスの収入はチップが大半で。。。結果的にチップの為の接客、、、みたいな感じになっているような、、、んーーー。。。

"チップなしの日本のサービスのクオリティは世界一だと思います。"うんうん、本当に同感デスw
2013.03.20Wed 12:41 ≫ 編集
すごーい 6位だ
なんか有名人と知り合いみたいな感じ
やっぱり乾燥激しいのね。
家事の時、ゴム手袋はめないの?
2013.03.20Wed 21:43 ≫ 編集
Re: No title
>Ai chan
私、25セント硬貨の事を書こうとしたのに、だんだんチップの事書き出したら止まらなくなってしまった(笑)
サービス大国日本から来た私達には、チップだらけのアメリカはちょっとわかんない感覚だよね。なんだろ、まさにサービスに対して値段を付けてる感覚。そんな上から目線なことをする程偉い人間でもないのに。たまに上から目線のサービスされることもあるけど(笑)
ま、結局行く着くところは「日本のサービスおもてなしはサイコー」ってことです。


2013.03.21Thu 09:32 ≫ 編集
Re: タイトルなし
>Kちゃん
最近、真面目に更新してたら上位に食い込んだ!
いつまで続くかな〜(笑)
こっちのゴム手袋試した事あるけど、なんせ私には大き過ぎて。トホホだぜ。
ま、あっても面倒くさくてすぐ使わなくなりそうだけどね〜。てへへ。

2013.03.21Thu 09:34 ≫ 編集
No title
へ~~!!チップ三昧なのね。
サービスに対して払うって感じ、なんだか私らには慣れないけどそれもまた楽しいね。
こうして日本のいいところが発見できて、チップに感謝☆
2013.03.21Thu 21:52 ≫ 編集
Re: No title
>マナマナ
チップ、トータルするとかなりの出費になるけどね〜。
ホント、こっちにいると改めて日本って素敵な国って思っちゃうよ。

2013.03.23Sat 05:14 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL