ギズモン通信 

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 膵炎でした。TOP猫の話 ≫ 膵炎でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

膵炎でした。

私がではなくこの方が。
IMG_3091.jpg 


エコーの為に剃られたお腹見えますか?

ジャーン。
IMG_3093.jpg 


更に近づいてみましょう。
IMG_3094.jpg 


はぁ〜、まさかおにぎりまで膵炎になるとは。
1年前の同じ時期にはおだんごが膵炎だったんだよな。
あのときは、病院に連れて行っても全く原因が分からないまま
弱っていくおだんごを見ているだけですごくつらかった。
セカンドオピニオンの為に別の病院に連れて行ってやっと膵炎が発覚した。

ネコの膵炎って結構稀で見つかりにくい病気らしく、
まさかもう1匹の飼い猫までかかるとは夢にも思わなかったよ。

今回は、嘔吐から始まり下痢ちゃんの症状も出てきた為病院へ。
でも、食欲はあったんだ。
だから、まさかそんな大きな病気が隠れてるなんて思わなくって
多分またオモチャとか食べちゃったかな?って思ってて。
だから、レントゲンかエコーでお腹の中見てくれって言ったんだけど、
尿検査したら血尿が出たからってまずはそっちの治療とか言って
お腹の中を見てくれなかった。

そして、家に連れて帰ったんだけど、
症状は治るどころか悪化する一方。
次の日には下痢ちゃんがひどくなって
トイレを行ったり来たりしだして。
30分で20回以上。
もう明らかにおかしかったので、
また病院へ。

この時点で、私はもしかしたらおだんごと同じ膵炎じゃないかって思ってた。
何となくだけど。
飼い主の勘。

そして、やっとレントゲンは撮ってくれたけど異常なし。
この日は予約じゃなかったので
時間がないとか言ってエコー検査をしてもらえず。
そして次の日、
エコーで見てみると膵臓が腫れてるって。

ほら!
だから最初からお腹の中見てって言ったじゃん!
何呑気な事やってんだよ!
怒り心頭な飼い主2人。
おたっクマは獣医に
「やっぱり!うちの妻が言ってたんだよ、
膵臓が悪いんじゃないかって!
うちのワイフは獣医になれるんじゃないか?」
って。
はい、嫌みですよ、イ・ヤ・ミ。

検査するだけやってトータル1,000ドル以上!!!
最初っからエコーでお腹見てりゃこんなかかんなかったかっただろって話。
このVetはビジネス第一なんだろうね。
全く嫌になっちゃう。
ので、次何かあったら別の病院に行きます。
いい病院探さなきゃ。


おかげさまでおにぎりは元気です。
薬を飲みながら家で療養中。
嘔吐も下痢もすっかりなくなって、
食欲もばっちり。


猫飼いの皆様。
ご存知だとは思いますが、
猫様の嘔吐下痢には要要要注意です!
手遅れになる前に信用出来る獣医さんに診てもらいましょう。


☆ポチッとしていただくと我家のネコズが喜びます☆

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。