ギズモン通信 

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP米国外の旅 ≫ 乳児と日本へ帰国~ANAのベビーミールなど。

乳児と日本へ帰国~ANAのベビーミールなど。

私・おたっクマ・うめぼしの3人での今回の日本帰国。

D.C.のDulles International Airportから成田への直行便へ乗る為、リッチモンドから空港まで約2時間のドライブ。
余裕を持って朝6時前に家を出発。
8時過ぎにダレス国際空港に到着。

D.C.から成田へはANAしか直行便がないため、必然的にANAでの帰国。
8ヶ月の乳児を連れてアメリカ国内での乗換便なんて選択肢は初めからなし。

もちろんエコノミー。
3年前の帰国の時は、エコノミーでも手荷物はは1人2個まで無料で預けられたけど今は1人1個までに変更されていた。
今回、うめぼしは席を取らずバシネット使用。
それでも、大人運賃の10%だったかな?支払ったからか、うめぼしの分の手荷物も1つ無料で預けられた。
我家は3人で大きなスーツケースを3つ預け、機内に1つのスーツケースを持ち込んだ。
ストローラー(ベビーカー)は無料で預かってもらえる。
ダレスでは機内に乗る直前に預けられるので、空港内の移動はストローラーで出来る。

IMG_9047.jpg
 

Jeepのストローラーは旅行用に購入。
ウォールマートで$50くらいだったかな。
軽くて持ち運び便利だったけど、座り心地がよくないのか乗ると10分も経たないうちに泣き出すことが多々あり、我家の場合はほぼ荷物を運ぶ道具と化していた。

今回の日本行きのフライト、なんと赤ちゃんが5人程いただろうか。
同じフライトの方々には申し訳ないが、うめぼしも何度か泣いてしまった。
しかし、隣の赤ちゃんの豪快な泣き声にかき消されて目立たなかったというミラクル(笑)
CAさんに「全然泣きませんでしたね♪」と言われる程、といえば隣の赤ちゃんの泣き方がどれ程だったか分かっていただけるだろうか?
もうね、通路挟んで隣に座ってた強面のおじさまが微笑んであやそうとするくらい。
そして、私達は運良くバシネットが使えたが、普通の席に赤ちゃんを膝の上に乗せ13時間のフライトはとても大変そうだった。
とはいえ、うめぼしがバシネットで寝たかと言えば.....いいえ!寝ませんでした!!1度も!!!
ちょこっと座って遊んだりしたけど、後はほぼ荷物置き。
でも、オモチャやらミルクやらおむつやら...何かと赤ちゃんの物が多いので大助かり。

食事はベビーミールをバシネットと一緒に事前にお願いしていた。
が、1度目の食事は忘れられてた!
ま、機内で食事させるかどうか迷ってたんでいいんですがね。
2度目の食事はちゃんと運ばれてた。
IMG_4436.jpg 
しかし、両親が食事中に持ってきてこられてもなー。
置く場所もないし、まだ一人で食事できる年齢でもないし。
2歳以下の子供なら注文出来るベビーミール。
うめぼしが食べれたのはホットミールのスイートポテトのすり潰したヤツくらい。
瓶入りのベビーフードはめっちゃ冷たくって食べさせられる温度ではなかったし、ヨーグルトはまだだし、バナナもそのままはまだ食べれないし。ライスパフもまだあげたことないからダメだし。
ベビーフードが常温だったらすぐにあげれたんだけどね。
ま、我が子にはスイートポテトだけで充分でしたけど!
しかし、食事はアメリカならではの特に味付けされてない素材のままの味のベビーフードは、日本の離乳食に慣れた子供にはどうかなー。
そして、2歳近いお子さんは物足りないんじゃないかなー。

こちらは日本からアメリカ行きのベビーミール。
IMG_9413.jpg 
1度目の食事はバタバタして写真撮れず。
これは2度目の食事。
1度目のホットミールはご飯と鶏の挽肉と野菜のあんかけだった。
そして、2度目は野菜スープ。
アメリカの素材のままの味を楽しんでいる(笑)うめぼしには、2食とも味が濃過ぎてほとんど食べれなかった。
ジュースもまだあげてないし、スナック系もバナナもまだ...(以下同文)
結局、アメリカから持ってきてたベビーフードを食べさせた。(持ってきておいて良かった)
同じ8ヶ月の子でも食べれる子は食べれるんでしょうけど、うちは無理だったな。
1歳過ぎ位からだったら美味しく頂けるのかな?
後は、食事の時間に子供がお腹すいてるかどうかだ。
こればっかりはねー。
なかなか難しい。

ベビーミールが運ばれてくるタイミングだが、日本行きは両親の食事と同時に持ってこられて困った。
アメリカ行きは、両親が食事中はうめぼしが寝ていたので、目が覚めたのを確認して持ってきてくれた。
起きてたら同時に持ってこられたのかな?
ANAさん、これは見直した方がいいですぞ。
座席を取っていない2歳以下の子の食事を親の食事と同時に持ってきてもらっても、まず置く場所がない。
そして、親は子供に食べさせないといけないのだ。
彼らはまだ食べる時に補助がいるのだ。
自分の食事をとりながら、8ヶ月の子に食べさせられるとでもお思いか?
できれば、まずベビーミールを運んできてもらって、子供の食事が終わってから親の食事を持ってきてもらえるとありがたい。
色々と効率よく流れが決まってるとは思いますがね。
是非、検討していただきたい。

ちなみに、成田ー福岡間はバシネットを取り付けられる機体ではなかったのでうめぼしは膝の上。
食事もなし。
これは行きも帰りも離陸から着陸までぐっすり寝てくれたので大助かり。


ANAでの長旅はベビーミールで若干不満があったものの、それ以外は特に不満もなく。
オモチャもらったり。
IMG_9411.jpg 
これが意外とうめぼしの好みだったようで、めっちゃカミカミしてた。

行く前はどうなることかと不安でしかなかった今回の旅だったけど、CAさん達にも良くしてもらって、特に日本行きのフライトではうめぼしのことを気に入ってくれたCAさんが、私達の席の担当でもないのに(笑)何度も来てくれて抱っこして遊んでくれたり、他のCAさん達もうめぼしのことを気にしてよく声をかけてもらったり。
乗客の皆様にも温かく見守っていただき、時には優しい言葉も掛けてもらい、人の優しさが身にしみる旅になりました。


また来年、日本に行きたいな!と思うけど、その頃うめぼし歩いてるなー...と思うと、また別の不安が頭をよぎる...



機内でゆっくり映画とか当分みれそうにないぜ!
☆ポチッとしていただくと励みになります☆

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村






関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL