ギズモン通信 

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 溶連菌に再感染するなんてあるんです。TOP病気・アレルギー ≫ 溶連菌に再感染するなんてあるんです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

溶連菌に再感染するなんてあるんです。

あー、
やっと復活。

前回、
うめぼしが溶連菌に感染して、
抗生物質の副作用で下痢になってしまって、
病院に行ってお薬貰って治まったわー
って話を書いた。

しかし、
その話には続編が待っていたのだ。

抗生物質の服用を24時間お休みして、
お腹のお薬飲んだら下痢も嘔吐も治まった。
そして、
次の日には抗生物質の服用をまた始めた。
本人はすっかり元気。
あーこれで明日からサマープログラムへ行かせられるなーと思っていた矢先。

翌朝、
またまた39度近い高熱。
はぁーーーー?!

朝一で小児科へ。
ここでやっと、
いつもお世話になっているDr.Dに診てもらうことができた。
発症して1週間以上経っていること。
抗生物質の副作用が出たこと。
24時間抗生物質の摂取を止めたこと等を話すと、
「うめぼし、また溶連菌に感染してるわよ」
と、さらっとおっしゃる。





え?
うそでしょ?
テストもしてないのになぜわかる?

まず、
抗生物質は絶対に10日間休む事なく飲ませなければならない。

24時間休んじゃったから、
その間に菌が元気になってしまったらしい。


下瞼の色

赤い。
溶連菌に感染すると赤くなる。


処方されていた抗生物質Amoxicillin。
Dr.Dは溶連菌に感染した子供達でこの抗生物質を飲んで
再発した子を今まで何人も診てきたらしい。
だから彼女は、
溶連菌の時にこの薬は処方しないようにしているだそう。
でも、
彼女みたいにベテランで優秀な医者ばかりじゃないからねー、
Amoxicillinはよく処方されるそう。

現在、
Cefdinirを服用中。
きっとまた溶連菌には感染するからこれは覚えておかねば。


そして、
ここからまた戦いが待っていたなんて誰が想像しただろうか。


つづきます。



☆ランキングに参加しております☆
☆☆ポチッとして頂くと励みになります☆☆

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村




関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。